赤ニキビの原因について

 

赤ニキビの原因とケア方法

 

白ニキビから黒ニキビへと悪化してさらに進行した状態が赤ニキビです。赤ニキビはまさに赤く炎症を起こしています。
皮脂が表皮を突き抜けて酸化して黒くなった状態のものが毛穴を中心として炎症を起こして赤く腫れあがった状態になっているのです。当然、痛みも伴いますし見た目にも目立つようになります。自分自身でも気になってつい触ってしまいたくなりますが、むやみに触れないようにしましょう。

 

赤ニキビを潰してしまうのは危険です。この段階からニキビ跡が残る可能性がでてきます。この状態になってしまうと治癒までに時間が必要となります。

 

赤ニキビにまでなってしまった原因は黒ニキビまでの段階で適切な対処をしなかった事にあります。ニキビを悪化させてしまった環境が一番の原因だと言えます。間違った洗顔方法やすすぎ残しの存在、偏った食事や睡眠不足、ストレスの多い生活、飲酒や喫煙の機会が多かったことなどが考えられます。

 

赤ニキビまで進行しないよう、その前の段階で進行を食い止めることが重要です。

 

赤ニキビのケア方法

 

赤ニキビのケア方法

 

とうとう炎症を起こしてしまった赤ニキビは痛みを伴い目立ってしまうものとなってしまいます。自分でも気になって仕方がない存在となり、痛みがあるので無意識のうちに触ってしまうことが多々あるかと思います。

 

しかし、赤ニキビを触ると言うことは炎症を悪化させてしまう原因となります。また、早く治したいと言う気持ちから洗顔を念入りに行う人がいます。洗顔をすること自体は決して悪いことではありません。しかし、よりキレイに汚れを落としてしまおうとゴシゴシと擦って洗うのはもっともやってはいけないことです。

 

ニキビの悪化も引き起こしますし、治りを遅くしてしまう可能性もあるのです。赤ニキビになってしまうと黒ニキビまでなら許された潰すと言う選択は出来なくなります。赤ニキビの適格なケア方法は皮膚科で医師に診てもらい適切な処置をしてもらうのも良いですし、市販のニキビ治療薬を活用するのも良いでしょう。

 

それに並行して今度こそ自分自身の生活習慣を本当に見直してみましょう。少し習慣を変えていくだけでも大きく赤ニキビの状況は好転することもあるのです。