思春期ニキビの原因

 

思春期ニキビの原因

 

思春期ニキビは主にTゾーンと言われるおでこや鼻が中心に出来やすいニキビです。
皮脂腺の多い箇所なので皮脂がたまりやすく、アクネ菌が繁殖しやすい環境になりやすいためニキビが出来やすいと言われています。

 

また思春期は肌のターンオーバーが活発であるため、軽度のニキビは跡になりにくいですが、強い炎症を起こしたニキビの場合、潰してしまうとクレーターなど凸凹とした跡として残ってしまうことがあります。

 

思春期ニキビは特に春から夏の皮脂分泌が活発になる時期に出来やすい特徴があります。
紫外線を浴びると肌は防衛機能が働いて角質を厚くするので、毛穴つまりやニキビの原因となるので日頃からケアが必要です。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビの原因は成長によるホルモンの変化で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活発になるためと言われています。

 

そのため、皮脂腺の多い箇所にニキビが出来やすいのです。またストレスや睡眠不足、偏った食生活など日常生活における様々な要因がホルモンバランスを崩すきっかけとなり、ニキビが出来てしまうことがあるため、予防として日頃の生活習慣を見直してみましょう。

思春期ニキビの治し方


思春期ニキビの治し方


青春のシンボルなんて言われたこともあった思春期ニキビです。最近では、ニキビも病院で診てもらう人が増えてあまりひどいニキビ面の人は少なくなってきたように思います。特に思春期ニキビは黄ニキビや黒ニキビなど悪化したニキビになりやすく、悪化したニキビを放置すると一生、クレーターになって残ることもあります。

ニキビがひどいと思ったら、すぐに皮膚科などのニキビの専門外来を受診するのがお勧めです。

自分でできる思春期ニキビの治し方としては、「洗顔」、「食事の改善」、「市販薬を使う」、「良い睡眠を取る」などが考えられます。

洗顔は、ニキビ専用の洗顔フォームを使って朝晩、適切に洗顔をしましょう。余分な角質を取り除くためにピーリングジェルやAHA洗顔をするのも効果的です。

思春期ニキビ

日中でも顔が不衛生になっていると感じたら、サッと水洗いをして常に清潔を保つのがお勧めです。顔を拭くハンカチやタオルも洗ったものを数枚は準備しておき、常に清潔なものを使えるようにしておくのがベストです。
食事は、ニキビに悪影響な高脂肪、刺激物などはなるべく避けるようにしましょう。市販薬は、ニキビの脂分を吸着してくれるので、ニキビにピンポイントで塗ると効果が期待できます。
睡眠は、お肌の生まれ変わりを促進するので、眠り始めの3時間は特に起きたりしないように質の高い眠りを心がけましょう。