アトピーのニキビの原因

 

アトピーのニキビの原因

 

アトピー肌のニキビの原因は乾燥にあります。アトピー肌でニキビができやすい人は、空気が乾燥する時期にできる傾向にあります。

 

アトピー肌の人が乾燥によってニキビができやすくなるのは、そもそも肌の角質層のバリア機能が低下していて外部からの刺激を受けやすくなっている状態にあるからです。アトピー肌の人は肌が非常に敏感になっているので、少し引っかいただけで炎症が起き、傷ができやすくなります。

 

外部からの刺激に弱いのがアトピー肌の性質で、肌の保水力も低下しています。空気の乾燥にかなり敏感なことから、乾燥でニキビができやすくなるのです。アトピー肌の人は角質層のバリア機能が失われた乾燥状態になっているので、何とか皮脂で補おうとします。

 

アトピー

そうすると毛穴から必要以上の皮脂を分泌するようになるので結果、過剰分泌した皮脂はアクネ菌を増殖することになります。それでニキビができてしまうのです。ニキビは皮脂の詰まりが影響しますが、オイリー肌だけでなく、乾燥肌でもニキビは悪化しやすいのです。

 

アトピー肌の人は潤い機能が低下しているので、皮脂が出過ぎてニキビを招いてしまうのです。

 

アトピーのニキビケア

 

アトピーのニキビケア

 

アトピー肌のニキビのニキビケアは、慎重に行う必要があります。アトピーの人のニキビは悪化しやすいからです。アトピーの人は生まれたときから肌が不安定です。肌が乾燥してカサカサしているのが特徴でかゆくなります。

 

かきむしることが多いので悪化しやすく、膿んだりすることも少なくありません。アトピー肌のニキビのニキビケアについては、何より保湿をしっかりすることが大事です。これは乾燥肌の人にも共通することなのですが、アトピー肌には、刺激を与えないようにしてしっかり保湿をすることが何より大事になってきます。

 

アトピー

そして清潔にすることも忘れてはいけません。日々優しく洗顔するようにし、洗浄成分の強い洗顔料は避けます。ニキビ用の薬用ソープなどは刺激が強いので避けるようにし、アトピー肌用のマイルドな石鹸を使うようにします。

 

洗顔後は乾燥を防ぐために化粧品できちんと保湿をします。化粧水だけではすぐに水分が蒸発して乾燥するので、ローションで肌を潤わせた後は、クリームでしっかり蓋をします。その際、ローションやクリームは低刺激のものを使うようにしましょう。