敏感肌のニキビの原因

 

敏感肌のニキビの原因

 

敏感肌のニキビの原因は、乾燥です。トラブルの多いのが乾燥肌で、ニキビができやすいので気をつけないといけません。

 

敏感肌の人にニキビができやすいのは、水分が不足していて肌が乾燥しているからです。また、バリア機能も低下している状態なので刺激を受けるとすぐに炎症を起こしてしまいます。

 

敏感肌の人は肌が乾燥していてカサカサなので、どうしてもニキビができやすくなります。ニキビは皮脂が多い人やオイリー肌にできるものと思っている人が多いのですが、実はそうでもないのです。乾燥気味の肌の人でもニキビはできやすくなります。

 

敏感肌

なぜなら乾燥すると肌がカサつきやすくなり、皮脂の膜がしっかり形成されない無防備な状態になるからです。そうした状態の肌は、わずかな刺激で肌荒れを起こしやすいのです。敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているので、アレルギー反応を引き起こす物質が侵入しやすい状態にあります。

 

刺激に敏感に反応するので角質層も乱れやすく、毛穴に皮脂が詰まって細菌が繁殖することでニキビができてしまうのです。

敏感肌のニキビケア

 

敏感肌のスキンケア

 

敏感肌のニキビのニキビケアは、洗顔に留意してしっかり優しく洗顔するのが一番です。

 

ニキビがよくできてしまう敏感肌の人は、洗顔がとても大事です。敏感肌の人は洗顔回数を減らしてしまいがちですが、そうすると顔全体がくすんだり、シミができやすくなります。

 

肌トラブルが起こらないよう、敏感肌のニキビのニキビケアは正しい洗顔法を実践していく必要があります。正しい洗顔方法を取り入れる事で敏感肌でも荒れることがなくなり、ニキビを改善することができます。

 

敏感肌の人は肌が薄くて乾燥しやすい状態になっているので、外的刺激に敏感です。そうした状態で間違ったスキンケアをすると、益々ニキビは悪化することになります。

 

敏感肌

洗いすぎや肌に合わない化粧品を使い続けると悪化するので、スキンケアを見直す必要があります。

 

敏感肌の人がニキビを改善するには、洗顔の際、固形石鹸を使用することをおすすめします。固形石鹸なら肌への刺激が少なく、水で綺麗に洗い流すことができます。

 

そして洗顔する時はネットを使ってモチモチの弾力のある泡を作り、顔全体が泡に包まれて汚れが浮き上がってきたら洗い流すようにします。