脂性肌のニキビの原因

 

脂性肌の原因

 

脂性肌のニキビの原因は、皮脂の過剰な分泌が考えられます。

 

脂性肌の人は全体的に肌がテカっている傾向にあり、皮脂が多くて肌が汚れやすくなっています。そうすると毛穴が詰まりやすくなるのでどうしてもニキビができやすくなります。

 

また、皮脂を抑えるために洗顔をしすぎる傾向にあるので、それがニキビの原因になることもあります。肌に刺激を与えすぎると今度は乾燥を招くことになり、余計にニキビができやすくなります。

 

脂性肌のニキビの原因は生活習慣の悪さも関係していて、普段から煙草をよく吸い、生活が不規則で男性ホルモンが多い人はニキビができやすいです。

 

ストレスもニキビの原因

ストレスも関係していて、ストレスは脂性肌に大きな影響をもたらすことになります。職場での緊張や悩みなどは全て皮脂として出てくることになるのです。ストレスによる脂性は厄介で、スキンケアを改善しても食事を改善しても意味をなさなくなります。

 

新陳代謝が悪くなると脂性肌になりやすく、それがそのまま脂性肌のニキビにつながります。脂性肌のニキビに対しては、まずは皮脂を抑えるケアが必要になります。

 

脂性肌のニキビのニキビケア

 

脂性肌のニキビケア

 

脂性肌のニキビのニキビケアで大事なのは、正しい洗顔です。脂性肌でよくニキビが出来る人は毛穴を詰まらせないことが大事なので、朝晩の洗顔は必須です。

 

但し洗い過ぎは禁物で、決してゴシゴシこすったり、回数を多くしてはいけません。また、洗浄力の高い洗顔料は使用しないように気をつけ、肌を乾燥させないことが大切です。

 

そして洗顔後はビタミンC誘導体など皮膚を再生する成分が入ったローションを使用しましょう。

 

脂性肌のニキビケアは皮脂を取り過ぎないようにし、保湿ケアをメインにすることで、肌への刺激を避けるためにスクラブや洗浄力の強すぎる洗顔は控えます。

 

スキンケアが大事

できれば洗顔料や基礎化粧品は見直し、スキンケアを改善することです。洗顔後は肌への物理的な摩擦に気をつけ、普段から肌に良い栄養素を積極的に摂るよう心がけることも大事です。

 

脂性肌のニキビのニキビケアは、内側から皮脂を抑制することも大事なので、抗酸化成分のビタミンEやビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。

 

脂性肌のニキビケアは、皮脂を全てそぎ落とすような行為は逆効果になるので、スキンケア方法や生活習慣を見直すことが大事です。