背中ニキビの治し方

 

私も背中ニキビが酷かったのですが、おそらく原因は「思春期の皮脂の過剰分泌」「シャンプー」だったと思います。

 

思春期でおでこやこめかみなどにニキビが出来やすかった頃、背中のニキビも悪化していました。背中は部活動や体育、夏の暑い時期などにはいつも汗をかいて不衛生になりやすいです。おそらく皮脂の過剰分泌と不衛生になったことが重なってニキビを悪化させていたと考えられます。大人になって背中ニキビは以前よりは改善したものの、やはり背中全体にできていました。ところが、石鹸シャンプーに変えたら徐々に背中ニキビが無くなりました。

 

背中ニキビの原因はシャンプー!?

 

シリコンが毛穴に詰まって背中ニキビに悪影響を及ぼしているとも言われています。
シリコンが原因だという方もいますが、私はトリートメントやリンスに含まれている界面活性剤が原因だと考えます。

 

トリートメントは特に完全に洗い流すのではなく、残ったままというように言われているので完璧にはすすぎません。背中にトリートメント剤が残ったり、髪の毛から水滴が落ちることで背中ニキビを悪化させていたと思います。背中ニキビがひどい方は、石鹸シャンプーにしてトリートメントをやめると背中ニキビが改善するかもしれません。同時に、なるべく清潔を保つようにしたり、化繊の下着や洋服よりも汗を吸い込む綿素材を選ぶこともお勧めです。背中ニキビの治し方でもっとも確実なのは、皮膚科に行って医師に相談することです。